BLOG

謝肉祭十三番劇

2021年1月6日

「中世の笑い 謝肉祭劇十三番」

 

1983年発行の古書です。

謝肉祭劇の戯曲邦訳版。 この時代特有、悪魔やソロモン王が登場します。

 

では謝肉祭劇とはいったい何でしょうか?

調べてみると、

「中世末期、ドイツなど欧州の諸都市で、謝肉祭に行われた仮装軽演劇」

とありました。

謝肉祭、カーニバルはラテン語で肉を断つという意味。

四旬節 (しじゅんせつ) の直前に3日ないし1週間にわたって行われる祝祭です。

冬の悪霊追放、春の豊作・幸運祈願に由来し、仮装行列を行います。

 

現存の作品約 150編は世俗的喜劇であり、

結婚、裁判、口論などの卑俗的なものから、宗教、政治、道徳まで扱われています。

 

煌びやかなカーニバル、そして劇。一度実際に見てみたいですね。

 

BOOKRIVERでは歴史、戯曲、古書関連書籍を多く買取を行っております。
本を売る際は是非ご利用をお待ちしております。
高価買取させて頂きます!

年月別記事一覧