おすすめ本紹介

解く

2022年2月19日

清水 正 「つげ義春を解く」

 

「ねじ式」などシュールな作風で知られるつげ義春。

そんなつげ義春に魅了された文芸評論家・清水 正が 解析します。

 

前作「つげ義春を読む」の続編です。

 

 

さて、つげ義春って知っていますか?

つげ義春は日本の漫画家。日常や夢をテーマにシュールな作品を描いてきました。

 

1967年に漫画誌「ガロ」にて作品を発表。

そこで連載された「ねじ式」今でも人気の作品です。

 

なんと1987年を最後に漫画作品は発表していないのです。

 

随筆作品なども多数あり、2003年に「つげ義春の温泉」を刊行。

2012年、2017年では

川本三郎『時には漫画の話を』(小学館)
佐々木通武『短編集 影絵の町―大船少年記』(北冬書房)

の装画を担当しています。

 

 

BOOKRIVERでは文芸関連書籍を多く買取を行っております。
本を売る際は是非ご利用をお待ちしております。
高価買取させて頂きます!