BLOG

色彩のティツィアーノ

2021年2月5日

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

 

 

 

ダヴィンチが最後の晩餐を描いていた、盛期ルネサンスからマニエリスム期まで活躍したイタリア人画家です。 ミケランジェロをも凌駕したと評されるほどで、ヴェネツィア派で最も重要な画家の一人だと言われています。表紙の「バッカスとアリアドネ」、「ウルビーノのヴィーナス」、「受胎告知」などの作品で有名です。

 

ティツィアーノは同時代の人から「星々を従える太陽」と呼ばれていました。

これはダンテの「神曲」からの引用であるそう。

風景、神話、肖像、様々な分野に秀でたティツィアーノらしい呼び名ではなかと思います。

 

BOOKRIVERでは美術関連書籍を多く買取を行っております。
本を売る際は是非ご利用をお待ちしております。
高価買取させて頂きます!

 

年月別記事一覧