BLOG

横溝正史のはなし

2020年12月23日

昨日、久しぶりに1977年、石坂浩二さん主演の金田一耕助シリーズ「獄門島」を見ておりました。

音楽やキャスティングなど含め金田一シリーズで一番好きな作品です、

 

1作目犬神家の一族、2作目悪魔の手毬唄、

そしてこの獄門島はは市川崑監督の金田一シリーズ3作目になります。

 

1、2作目同様、キャラクターの多さにこんがらがってきます。

作中でもある人物が言っていた通り、事件の発生した一族はかなり入り組んだ家系であるため、

この人は誰とどういう関係であったかが非常にわかりにくく、話に集中しづらくなることが多い印象でした。

 

数か月前「江戸川乱歩語辞典」が発売されるとSNSで知りました。

この本も気になっていましたが買うまでには至らず、「横溝正史にもあればなあ」

と思っていましたが、

 

つい先日久々に映画を見て原作を買おうと調べていた所、

「金田一耕助語辞典」が出ているではありませんか!

 

かわいらしい挿絵がふんだんにちりばめられており、

一つ一つの解説も簡潔にまとめられているため、スムーズに頭に入ってきます。

 

ファンの方にも、これから読もうと思っている方にもおすすめの一冊です。

 

BOOKRIVERではミステリ文学関連書籍を多く買取を行っております。
本を売る際は是非ご利用をお待ちしております。
高価買取させて頂きます!

年月別記事一覧