おすすめ本紹介

家紋の由来

2021年11月27日

「本当によくわかる! 日本の家紋事典――由来と解説 」(2015)

 

家紋の定義、起源と歴史、家紋の史料及び参考書などを紹介しています。

1979年発行の書籍の再編集版です。

 

 

家紋のルーツは平安時代の頃に公家(貴族)が自分達の衣服や持ち物に独自につけた「目印」としての紋が由来となっています。

 

本当によくわかる! 日本の家紋事典――由来と解説

 

家紋にはいろいろな種類があります。植物紋、動物紋、天然紋、文様紋、建造紋などです。

中でも一番多いのは、花や葉などをモチーフにした植物紋です。

 

BOOKRIVERでは歴史書関連書籍を多く買取を行っております。
本を売る際は是非ご利用をお待ちしております。
高価買取させて頂きます!