BLOG

和ごころと文様

2021年7月8日

「和ごころ素材集―江戸の文様と伝統色」

 日本でなじみのある文様、色などを名称とカラー数値とともに掲載したデザイナー、デザイナーを目指す方も必見の一冊です。

 

伝統的な和模様には本当にたくさんの種類があるようで、

それぞれにきちんと意味が込められているそう。

 

そういった伝統的な文様があしらわれた雑貨などは意味を知ってから買ってみるのも良いかもしれませんね。

買い物がもっと楽しくなるかもしれません。

 

その中で代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。

 

・「唐草」

唐草はくるんとした蔓が広がる定番の文様。風呂敷に使われているイメージが強い唐草は、

強い生命力や繁栄、長寿」を象徴しています。

アラブ諸国ではモスクの装飾として用いられています。

そのためヨーロッパでは「アラベスク」と呼ばれています。

日本では獅子舞などに使用され、縁起がいいものとされていますね。

 

・「青海波(せいがいは」

こちらも有名で、伝統文様として代表的ではないでしょうか。

広い海の波を表しており、無限に広がる波の文様に未来永劫へと続く幸せへの願いと、人々の平安な暮らしへの願い

を込めています。

着物や生地によく使用されているのを見かけることが多いかもしれません。

起源はイランの王朝ササン朝。ササン朝からシルクロードを経て中国へ伝わり、日本へ伝来されたと言われています。

日本らしいシンプルかつ素敵な文様です。

 

年月別記事一覧