法律・教育書の買取

法律書・教育書の買取について

法律とは社会秩序を維持するための規範のことです。
古本市場では、政治・経済への関心の向上に伴い、法律書の人気が高まっています。

高価買取できる理由

義務教育課程でも法律は学びますが、実社会は学校教育では知り得ない程の様々な法律で成り立っています。
法律を意識しなければならないシーンは、年齢と共に増える傾向にあります。
時事問題、暮らしに関連した法律書を購入し、独学で法律を学んでいる方は大勢いらっしゃいます。
私たちの暮らしに密接したポピュラーな内容をテーマにした法律書は、専門的な知識が無くても十分に理解できるので、様々な人たちに愛読されています。
法律書には大学・大学院などの学生、法律の専門家が使用する専門性の高い法律書もあります。
そのため、法律の専門書は定価が高額、流通量が少ないので高価買取が可能です

新着買取対象商品

  • ビジネス常識としての法律<第3版>

    2021年10月22日

    ビジネス常識としての法律<第3版>

    買取金額¥買取金額¥650

  • 学校の法務 問題を解決するQ&A

    2021年10月22日

    学校の法務 問題を解決するQ&A

    買取金額¥買取金額¥910

  • スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのか

    2021年10月22日

    スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのか

    買取金額¥買取金額¥760

  • 事例で学ぶ発達障害の法律トラブルQ&A

    2021年10月22日

    事例で学ぶ発達障害の法律トラブルQ&A

    買取金額¥買取金額¥1100

  • 弁護士だけが知る、生き方・働き方の処方箋31『経験に学ぶな』

    2021年10月22日

    弁護士だけが知る、生き方・働き方の処方箋31『経験に学ぶな』

    買取金額¥買取金額¥560

  • 「人財育成」の教科書 (小さな会社応援選書!)

    2021年10月22日

    「人財育成」の教科書 (小さな会社応援選書!)

    買取金額¥買取金額¥910

買取の意義

私たちが安心・安全に暮らせるのは法律で秩序が守られているからです。
また、法律は私たちに様々な恩恵も与えてくれています。
法律書は、生きていく上で必要不可欠なルールを教えてくれるだけでなく、生きるための知恵も与えてくれます。
国、市町村をはじめとする行政は、私たちの暮らしをサポートしてくれる制度やサービスを提供してくれています。
これらは法律の下で制定されており、有効に活用するには教養としての法律を知っておく必要があります。
法学書の新本の価格は高額なので、毎年10冊以上もの購入となるとかなりの費用の負担が強いられることになります。
このような事情により法律書は様々な職業、齢層の方たちに求められています。
もし今ご自宅に既に読み終えてしまった法律書があれば、法律書を必要としている人のお役に立ててみませんか?
当店が責任をもってあなたの法律書を必要としている方々にお届けします。

新着買取実績

  • 2021年10月21日

    法律書・教育書

    41点 ¥28900

    商品一部抜粋

    ・伊藤真の民法入門 第7版
    ・伊藤真の会社法入門 講義再現版
    ・民事訴訟法 第7版 (有斐閣Sシリーズ)

  • 2021年8月30日

    法律書・教育書

    30点 ¥26600

    商品一部抜粋

    ・基本刑法I 総論 第3版
    ・民法の基礎2 物権 第2版
    ・民法VI 親族・相続 第5版 (LEGAL QUEST)

  • 2021年7月23日

    法律書・教育書

    27点 ¥25520

    商品一部抜粋

    ・民法 2 債権法 第3版
    ・所得税法規集―平成14年8月1日現在

取り扱いジャンル

  • 六法
  • 労働法
  • 法制史
  • 裁判
  • 民法・民事法
  • 行政法
  • 商法
  • ビジネス法入門
  • 建築関連法規
  • 薬事法
  • 民法
  • 民事訴訟法
  • 法律
  • 環境・エコロジー
  • 外国法
  • 外交・国際関係
  • 会社法
  • ビジネス法
  • 法学
  • 福祉
  • 政治
  • 小六法
  • GO・NPO
  • 不動産
  • 会社法
  • 債権・物権法
  • 労働法
  • 商法
  • 手形・小切手法
  • 株主・監査役
  • 独占禁止法
  • 女性学
  • 司法試験・司法書士試験
  • 司法・裁判
  • 国際法
  • 行政法
  • 憲法
  • 刑法・訴訟法
  • 軍事
  • サブカルチャー
  • コミュニティ
  • 登記法
  • 税法
  • 製造物責任法
  • 社会学
  • 社会心理学
  • 社会病理
  • 労働問題

買取おすすめ書籍紹介

法律書の中には、憲法、各法律関係、民法、企業法務、裁判の判例など、幅広いジャンルの書籍があります。 教育書は小学校から大学まで、教育に携わる教師や講師が必要とする書籍です。どちらも一般に出回る本ではなく、価格も高めになっています。

おすすめする理由

法律書や教育書を必要とする人は、数多くの専門書を読んでいます。特に法律書は難解で、内容も細かく分かれているので、同じジャンルの本が何冊も必要になります。 しかもこれらの本は高価なので、すべてを新品で買いそろえるのは困難です。そこで、多くの人が古書店などを回って、自分が欲しい本を安く手に入れようとします。 そのため、これらの専門書を持っている人は、買取に出せば高値で売ることができます。不要になった法律書や教育書があれば、買取に出してみましょう。

書籍紹介

・企業のための 民法 債権法 改正と実務対応

債権法の民法改正を受けて、実務でどう対応するかについて書かれた書籍です。本のタイトルのとおり、債権法について、企業経営者向けに書かれています。 又、企業に携わる弁護士も必携の書です。この本では、債権法の改正内容を、業務内容別に見ることができます。 事例も豊富にあるので、わかりやすくすぐ実務に応用することができます。債権法が改正されたのは約120年ぶりなので、実務にどのような影響が出るのかわからないのが現状です。 消滅時効や法定利率、定型約款に関する条文の変更が主に行われたので、仕事でこれらを扱う担当の方は、ぜひ読んでみるといいでしょう。

‐出版社:清文社

‐著者:弁護士法人 ピクト法律事務所

‐ISBN:4433753300

‐参考買取価格:1,400円

・詳解 労働法

労働法について、1400ページ以上にわたって詳細に解説してあります。著者は大学教授で、東京都労働委員会会長代理を務める人物です。 この本を読むと、働き方改革に合わせた働き方がわかるので、実務上起こりうる、さまざまな問題の解決方法が見えてくるでしょう。 また、この本は労働法ができた歴史的な経緯についても触れています。特に2019年に始まった働き方改革は、まだなじみがないという人も多いので、ぜひ読んでみるといいでしょう。 この本には、今後ますます増えると予想される、非正規労働者や外国人雇用、障害者雇用についても述べられています。

‐出版社:東京大学出版会

‐著者:水町勇一郎

‐ISBN:978-4130311922

‐参考買取価格:3,800円

・企業法務のための民事訴訟の実務解説 第2版

民事裁判官や、弁護士を務めた経験のある著者の書下ろしです。専門家の立場から、民事訴訟に関する注意点などが書かれているので、この本を持っていると訴訟の際に役立ちます。 近年では、日本も欧米なみに訴訟が増えてきています。いまや、企業はいつ誰から訴訟されるかわからない時代です。 民事訴訟を有利に進めるには、それなりに必要なノウハウがあるので、それを知っているかどうかで、裁判の行方も大きく変わってしまいます。 本書を読めば、そういった民事訴訟の「裏」がわかります。ある日突然、民事訴訟を起こされて右往左往しないためにも、企業の法務担当者に読んでもらいたい本です。

‐出版社:第一法規

‐著者:圓道至剛

‐ISBN:978-4474067950

‐参考買取価格:1,900円

・法律文書作成の基本 第2版

法律文書の書き方がわからない、初心者向けに書かれた本です。著者は東京大学卒の弁護士で、慶應義塾大学ロースクールの教授や、司法試験考査委員などを務めた経歴があります。 本書は平成29年の再建法改正に合わせて内容が改正され、第2版として出版されました。文書のサンプルも豊富に掲載されているので、これを見れば誰でも法律文書を作成することができます。 法律に詳しい人でも、法律に則った文書を作成するのは困難で、優れた法律文書を作るには「慣れ」が必要です。 しかし、この本で法律文書作成のノウハウを学べば、初心者でも立派な文書が作れるでしょう。

‐出版社:日本評論社

‐著者:田中 豊

‐ISBN:978-4535523845

‐参考買取価格:1800円

・こども六法

イラストやふりがながついているので、子どもでも学べそうなくらいやさしい法律解説書です。 いじめや虐待、暴力や窃盗、SNSの誹謗中傷投稿など、子どもの周りには危険がいっぱいです。大人は常識で、これらが違法であると知っていますが、子どもにはわかりません。 子どもは誰かが教えてあげないと、これらが違法だとは知らないのです。しかし、法律を教えるには、親もそれなりに法律の知識を身につける必要があります。 そこで役に立つのがこの本です。わが子が何らかの被害に遭っているかもしれないし、わが子が誰かを被害に遭わせているかもしれません。 もしそんな事態になったら、どうしたらいいのか。その解決法がこの本の中にあります。

‐出版社:弘文堂

‐著者:山崎 聡一郎

‐ISBN:978-4335357923

‐参考買取価格:650円